0
    ILレポート【65】〜てくてく福岡+α(8)
    「てくてく福岡+α」の最終回です。

    大宰府11

    大宰府天満宮にあるお茶屋さんで

    梅ヶ枝餅をいただきながら振り返る。

    大宰府12


    まず空港内は、ほぼ全員がマスク状態で異様な空間。


    新型コロナウイルスの影響は当然ながら大きかった。


    久しぶりに福岡を訪れたが、観光スポットといわれるところに訪問者数は少なく、ほとんど外国人客がいない。

    港レトロ4

    臨時休館、臨時休業の案内が目立つ。

    博物館1


    関門トンネルを抜け、初めて下関に入っても同様だった。

    ゆめタワー2


    令和ゆかりの地「坂本八幡宮」も。

    坂本8



    連日連夜、日本をはじめ世界各地で暗いニュースが飛び込んでくる。

    感染者数・死亡者数のデータが毎日浴びるように入ってくる。


    7月に予定していた「東京2020オリンピック」が延期。


    経済指標も大幅にダウン。

    アメリカのトランプ大統領は、リセッション(景気後退)という言葉を使った。

    経済対策として政府が発表するのも、利権が見え隠れしている。



    先行きが見通せない現在(いま)。

    何か明るい話題は・・・?(アタマに浮かばない。。。)



    ただ敢えて言うなら、

    “日常を見直す”ことができるということ。



    目の前にある“当たり前”がなくなると不安になる。


    普段は考えないで通りすぎていた日常に

    『あっ、いま普通のコトができない』と感じる。


    例えば、

    学校に通うことができない。

    遠出ができない。

    休業で仕事ができない・・・など。


    そうなると、

    ごくごく当たり前の生活にありがたさを感じる。



    大宰府天満宮の境内に、

    本殿をつなぐ「太鼓橋」がある。

    大宰府13


    そして心を清める、この橋の下に「心字(しんじ)池」があるのですが、噴水に小さな虹がかかっていた。

    大宰府14


    今、ささやかなコトが、

    大きな喜びになるかもしれない。



    梅の咲いた3月初旬、福岡をあとにする。

    大宰府15
    | ILレポート〈直視〉 | 09:56 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
    0
      ILレポート【64】〜てくてく福岡+α(7)
      「坂本八幡宮」をあとにし、

      最終目的地≪大宰府天満宮≫へ。

      大宰府1

      参道には約90軒の店が並ぶ。

      大宰府2

      参拝客は普段より少ないだろう。

      外国人客がほぼ見当たらない。

      大宰府3

      実は中学校の修学旅行以来の参拝。

      大宰府9

      ガイドさんに「飛梅」伝説を聞いたのをなんとなく覚えている。

      大宰府5

      境内には、

      頭をなでると天神さま(菅原道真公)の知恵を授かるといわれる「御神牛(ごしんぎゅう)」や、

      大宰府6


      運を開き幸せを運ぶといわれる「鷽鳥(うそどり)」が点在しています。

      大宰府7


      鷽鳥みくじをひく。

      大宰府8

      結果は“吉”でした。


      ここでは社務所にて直接、ご朱印をいただけました。

      ご朱印(大宰府)


      「海ならずたたへる
       水の底までも
       清き心は
       月ぞ照らさむ」
       
        (*みくじに書かれていた「御祭神 菅原道真公の御歌」) 


      大宰府10


      次回(最終回)につづく。
      | ILレポート〈直視〉 | 10:19 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
      0
        ILレポート【63】〜てくてく福岡+α(6)
        最終日の3日目。


        博多駅前にあるバスターミナル。

        博多駅3

        バスに乗って、大宰府エリアへ向かいます。

        大宰府跡1

        ≪大宰府政庁跡≫にやってきました。

        大宰府跡2

        7世紀後半から約500年間、九州を治めた機関であり、外交の窓口でもありました。

        大宰府跡5


        そして大宰府の長官(大宰帥)には歌人の大伴旅人がいます。

        大宰府跡3
        (大伴旅人が詠んだ万葉集の句碑)

        続いて“令和”ゆかりの地へ。

        坂本1

        大宰府政庁跡近くにある≪坂本八幡宮≫です。

        坂本2

        ここは元号“令和”の引用先となった万葉集「梅花の宴」が催された、大伴旅人の邸宅跡といわれています。

        坂本3

        昨年、大きな話題になったお社です。


        私が訪れたときは、本殿が修繕中。

        坂本4

        しかも社務所は新型コロナウイルスの影響によりお休み。

        坂本5

        御守りやご朱印等の手続きは後日郵送でのやりとり。

        坂本6
        (授与品の初穂料+郵送費がかかります。後日振込)


        初めての経験でした。


        坂本7


        なお1週間後にご朱印が送られてきました。

        ご朱印



        次回につづく。
        | ILレポート〈直視〉 | 10:08 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
        0
          ILレポート【62】〜てくてく福岡+α(5)
          関門トンネルを抜け、本州の下関側にやってきました。

          壇之浦1

          源氏と平氏の最終決戦≪壇ノ浦の戦い≫跡がある場所ですね。

          壇之浦3

          そこから下関駅に向かって、てくてく歩きます。

          壇之浦4

          対岸には九州の門司港が見えます。

          壇之浦5


          道中には・・・。


          竜宮造の楼門で有名な≪赤間神宮≫。

          赤間1

          水天門をくぐって振り返ると、間から見える関門海峡がとてもいい。

          赤間2

          ここは「壇ノ浦の戦い」で幼くして亡くなった安徳天皇をお祀りしています。

          赤間3


          そして・・・

          こちらが下関の台所≪唐戸市場≫。

          唐戸1

          一般客も利用できます。

          唐戸2


          しかし新型コロナウイルスの影響で休館・休園の場所も。

          海響館1
          (市立しものせき水族館「海響館」)

          からっと横丁1
          (しものせき遊園地「はい!からっと横丁)


          楽しみにしていた展望台も。

          ゆめタワー1
          (海峡ゆめタワー)

          やはり臨時休業でした。



          時は夕刻。

          下関港1


          JR「下関駅」に到着しました。

          下関駅1


          門司港から関門トンネルを通って下関へてくてく。

          けっこうな道のりでした。

          下関駅2

          ここから電車で九州 博多に戻ります。



          次回につづく。

          | ILレポート〈直視〉 | 08:52 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
          0
            ILレポート【61】〜てくてく福岡+α(4)
            ぐるぐると「門司港レトロ」を散策。

            港レトロ7


            ランチは贅沢にお寿司を。

            海守1
            (海峡プラザ内「海峡寿司 海守」にて)

            山口県下関市にある唐戸市場から仕入れたネタをいただく。

            海守2
            (炙りふぐ)

            回転寿司のお店でしたが、衛生上ここもネタは回っていませんでした。


            お腹を満たし、午後から「関門橋」の方へてくてく歩きます。

            関門海峡3

            橋の下にやってきました。

            関門海峡4

            そこにある≪関門トンネル人道入口≫。

            トンネル人道3

            エレベーターで地下約60mへ。

            トンネル人道2

            1958年(昭和33年)にできた九州と本州を結ぶ海底トンネル。

            トンネル人道4

            れっきとした国道で、徒歩以外に自転車も通行可能な生活道路です。

            トンネル人道5
            (徒歩は無料。自転車・原付は20円)

            全長は約780m。

            トンネル人道6

            以前、NHK番組「ドキュメント72時間」(2018年8月31日放送)で取り上げられ、ぜひ行ってみたいと思っていました。


            途中にある県境をみると、少し嬉しく思う。

            トンネル人道7


            海の下を歩いて山口県へ。

            トンネル人道8

            下関側の出入口に到着。

            トンネル人道9

            片道15分の海底散歩。

            トンネル人道10


            次回につづく。
            | ILレポート〈直視〉 | 08:55 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
            0
              ILレポート【60】〜てくてく福岡+α(3)
              次の日(2日目)。


              博多から電車で、

              九州の玄関口≪門司港(もじこう)≫へ。

              門司港駅1

              駅舎はネオ・ルネッサンス様式の木造建築。

              門司港駅2

              大正時代に作られた建物が平成31年3月に復元しております(国の重要文化財に指定)。

              門司港駅3

              駅を出ると、目の前に広がる「関門海峡」。

              関門海峡1

              下関と門司を結ぶ橋も見えます。

              関門海峡2
              (関門橋)


              貿易の拠点であった門司港。

              現在は当時の面影を残す建物が点在し、“門司港レトロ”として観光地化されています。

              港レトロ1

              だた新型コロナウイルスの影響によって、観光施設の内覧はほとんどできません。

              港レトロ2
              (旧大阪商船)

              港レトロ3
              (旧門司三井倶楽部)

              入口には臨時休館の案内。

              港レトロ4

              私が訪れたときは3月10日までとなっていましたが、現在は延長されています(詳しくは下記ホームページにて)。

              港レトロ5

              あと高層マンションの31階にある「門司港レトロ展望室」から景色を一望しようと思っていたんですが、こちらもダメでした。

              港レトロ6


              まぁ、仕方ないですね。



              「門司港レトロインフォメーション」
              URL: http://www.mojiko.info/


              次回につづく。
              | ILレポート〈直視〉 | 08:48 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
              0
                ILレポート【59】〜てくてく福岡+α(2)
                夜、到着した≪博多駅≫。

                博多駅2

                てくてくと中洲の屋台エリアへ直行。

                中州1

                晩ごはんを食べに。

                中州2

                人通り、そして出店数も少なめ。

                中州4


                「ひでちゃん」にて。

                ひでちゃん1

                ラーメンと地鶏をいただく。

                ひでちゃん2

                ひでちゃん3


                店主いわく、

                やはり新型コロナウイルスの影響が大きいとのこと。

                団体ツアーのキャンセルや渡航制限によって、2月末から一気に減ったとのこと。

                確かに周りに外国人客がいない。

                ふだんは20店舗ぐらい並ぶんですが、訪れた日は半分以下。


                中州5


                “賑わい”という言葉から外れる。



                次回につづく。
                | ILレポート〈直視〉 | 08:34 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
                0
                  ILレポート【58】〜てくてく福岡+α(1)
                  新型コロナウイルスによる閉塞感が漂っています。

                  各地でイベントが中止されたり、テーマパークや娯楽施設などが一時休園。

                  学校も休校に。


                  そんななか、私は3月初めに臨時休業をいただきました。


                  ある場所に行こうか・行くまいか、悩んだんです。


                  が、やっぱり現状を直に視てみたい。

                  (直感ではなく直観を大事にしている私)


                  訪れてから1週間以上経ちました。
                  私の健康上も特に異常なし。


                  そこでブログのカテゴリーを『タビスル』ではなく『ILレポート』として報告、掲載したいと思います。



                  出発は夕刻。

                  セントレア(中部国際空港)の第二ターミナル。

                  セントレア1

                  ここは昨年9月にLCC用向けにオープンしたところ。

                  セントレア2

                  久しぶりの飛行機だが、チェックインがますます進化している。

                  受付カウンターに行かず、自動発券機で予約バーコードをかざすだけ。

                  なかにはスマホでワンタッチという人も。簡素化でスムーズだ。


                  そしてターミナル内はほぼ10割の人がマスクをしている。

                  異様な光景。また外国人が圧倒的に少ない。


                  セントレア3

                  雨がしとしと降り続くなか、

                  私が向かった先は・・・、

                  博多駅1

                  福岡方面。

                  普段はアジア圏、特に立地的に中国や韓国の観光客が多いエリアです。



                  次回につづく。
                  | ILレポート〈直視〉 | 08:50 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
                  0
                    ILレポート【57】〜映画「パラサイト 半地下の家族」
                    先日、観ましたよ、

                    映画≪パラサイト 半地下の家族≫。

                    パラサイト1

                    ただいま観たい映画が3候補あって、そのうちの一つ。


                    カンヌに続き、今回のアカデミー賞(作品賞)も獲りましたもんね。

                    まさか韓国映画が・・・と、
                    ちょっと驚いております。


                    受賞後、テレビのワイドショーでは、半地下生活の現状をリポートした内容とかが流れていましたね。



                    実際、映画を観て・・・。

                    あまり内容に驚きはしなかったけど(笑)。


                    詳しくは書けませんが、後半の展開が早く感じたな。。。

                    (スリリングという表現を使う人もいますが、私的には?)


                    アングラな韓国を垣間見たような感じ。

                    それを“におい”という視点でとらえたのはよかったと思います。


                    ずいぶん荒れていた頃の大阪の西成をちょっと思い出す(ディープ大阪)。

                    西成界隈を歩くと、やっぱり独特の“におい”感じたもんな。




                    でも私はどちらかというと、

                    映画「ジョーカー」のほうが

                    心象が表れていてよかったな〜。



                    追伸:けっこう観客、多かったですよ。
                    | ILレポート〈直視〉 | 10:10 | comments(0) | - | - | - | ↑TOP
                    0
                      ILレポート【56】〜バウムクーヘン博覧会2019
                      昨日、名古屋へ。

                      用事を終えて向かった先は・・・、

                      バウム2

                      ≪バウムクーヘン博覧会2019≫。

                      (やった〜ッ!)


                      バウム3

                      バウムクーヘンが日本に紹介されてから100年にあたる今年。

                      主要都市で開催されているイベントですよ。


                      名古屋市栄の松坂屋名古屋店では11月6日から11日まで開催されています。

                      バウム4

                      全国47都道府県のご当地バウムクーヘンが一堂に集まっています(あま〜いッ!)

                      バウム12


                      ユニークな形のモノも。

                      バウム6

                      バウム

                      「ユーハイム」さんは名古屋グランパスとコラボ作品が。

                      バウム9

                      私の好きな「クラブハリエ」さんも出展。

                      バウム10

                      200種類以上もあって迷ってしまう。。。

                      バウム8

                      バウム13

                      その場で試食できるコーナーもありますよ。

                      バウム14


                      バウムクーヘンが好きな私(ブログ『ココロの蔵』 2016年2月15日・『タビスル』〜京滋とりっぷ〔6〕 2018年11月17日を参照)。


                      初めてバウムクーヘンの大人買いしましたッ!(笑)

                      バウム1



                      「バウムクーヘン博覧会2019」
                      名古屋での開催は11月6日(水)〜11日(月)
                      松坂屋名古屋店本館7階催事場にて

                      URL: https://www.baumkuchenexpo.jp/
                      | ILレポート〈直視〉 | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      TIME
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE